自分の印象が変わる財布と出会うには

色がもたらす財布の力とは

財布選びで重要な色は様々な物をもたらしてくれます。
色の力は運や金銭、財力、貯金力、お客様力、性力などが存在します。
世界中で販売されている財布は彩豊かに様々な色から選ぶ事が出来ます。
国内財布市場では主に黒や茶色など落ち着いた色を使ったメーカーが多いです。
財布の色でどのような違いが有るか見て行きましょう。

 

財布の色の種類には

 

財布の色の種類には12色のカラーが存在します。
財布の色を考える場合は財布表面や内面の色に注意が必要になります。
財布の外側、内側の色次第では金運や貯金力、お金の入り易さ、財力が身に付きます。
一般的には黒や茶色が多く財布の色に用いられています。
黒や茶色には色がイメージさせる力が備わっています。
黒色は主に金運よりは貯める力が強い色になります。
引き締まった黒色は財力や貯蓄力に力が働くようです。
茶色は土をイメージさせる色から金運を作り易い色になります。
土は様々な物を作ります。
せっかく持っている金運を育てより良い生活を過ごす事が期待出来る色になります。

 

財布選びで重要な色の力とは

 

財布選びで重要な色の力とはカラーセラピーや風水で用いられる考え方になります。
地球上に存在する色は様々で数え切れません。
生活上、一般的に用いられる色には黒を始め白や黄色、ピンク、ベージュ、茶色、赤、オレンジ、金色、青、緑色などが代表的です。
財布に用いられる黒色には財力アップが挙げられます。
色から連想する物やイメージが財布にも働くようです。
白は浄化作用が有ります。
汚れやすい白色は常に手入れをして金運や貯蓄力を維持する事が出来ます。
黄色は開運のイメージがある色になります。
金運アップも図る事が出来ますが消費アップも付いてきます。
ピンクは女性色のイメージが有ります。
男性がピンク色を持ち歩くのには勇気がいりますが、女性にはとても良い色になります。
接客業や商売をされている女性には良い力が備わっています。
財布の色で様々な運を作る事が期待出来るので試して見る価値は有ります。